FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

躾5

「今度は仰向けになりなさい。」
瞳の命令通りに浮田は仰向けになる。
「両足と腰を持ち上げて、足を頭の方に持ってきなさい。そして足を開くの。」
瞳の言う通りにすると、浮田はアナルと睾丸を天井に突き出すような格好になった。固さを維持している男根が自分の顔に照準を合わせている。ちんぐり返しの格好だ。
「いい子ね♪ よくできました。」
瞳は悪戯っぽく微笑む。テーブルに戻り、パスタをさらにフォークに一巻き取る。今度の一巻きは大きい。彼女はパスタを口に含むと浮田の背中側に回り、先ほどと同じように肛門に口と舌を駆使して麺を注ぎ込む。同じように、アナルから麺が垂れ下がる。
「今度は、これで浮田さんのおちんちんをいじめてあげる。」
彼女はフォークを浮田にちらつかせる。フォークの光沢が瞳の淫らさを増している。彼女は睾丸にフォークを突き立てた。フォークの先端が徐々に深く皮を凹ませる。恐怖のあまり、浮田の睾丸は収縮した。
「どう、浮田さん? 男は怖いと、さらに興奮するのよ。」
フォークの先端が離れる。彼女は男根を掴んで股の後ろの方に引っぱる。今度は亀頭をフォークで引っ掻きだした。金属が触れる感覚を味わい、恐怖と快感が入り交じった興奮が浮田を襲う。
「もっともっと、興奮させてあげる。」
瞳は浮田のお尻の穴から垂れ下がったパスタを口に含む。ジュルジュルと淫らな音を立てて肛門からパスタを出し入れする。同時に右手と左手でフォークを器用に操り、亀頭、雁首、裏筋、睾丸、会陰部を万遍なく突き回す。少しの痛みと金属の冷たさ、そして敏感な部分をピンポイントで刺激される。絶頂はすぐに訪れる。するとフォーク、瞳の指は男根を離れた。そして肛門を這っていたミミズのようなパスタも吸い出される。彼女はパスタを噛み砕くと、口の中のものをお尻の穴へと注ぎ込んだ。
「あぐうううううう・・・」
尿道に引き続き肛門にも異物を挿入された苦痛に、浮田は我慢の限界を迎えていた。
「まだまだよ。今日はもっとすごいのを浮田さんのために用意してあげたのよ。」
彼女はテーブルに戻り、再びフォークに一巻きのパスタを口に含んだ。今度の一巻きは少し小さい。そしてパスタに乗っている生卵も器用にフォークで掬い、口に含んだ。瞳は浮田の背中側に戻ると、アナルに口をつけ、パスタを肛門に入れる。今度は粘着質な生卵と先ほど詰められたパスタの食べかすも絡み、ミミズとナメクジが同時に肛門に侵入した快感に呑み込まれる。
瞳の白くて清らかな指がミミズのように亀頭、雁首、肉棒、そして睾丸に絡み付く。ミミズたちは蠢き、敏感な部分をこぞって這い回る。同時に、肛門の中のミミズとナメクジも行動を開始した。
「あああああああ・・・・・」
これまで味わったことのない快感が浮田の身体に送り込まれる。我慢汁が鈴口から溢れ出ると、10匹のミミズが先を争うように亀頭に集まる。ミミズたちは満足すると亀頭を去り、我慢汁は男根全体に広がる。そのうちの1匹だけが亀頭の先端に残り、鈴口を苛んだ。

ミミズはひとしきり浮田をいじめると、満足したのか、男根から離れる。肛門のミミズとナメクジも出て行く。瞳は口にミミズとナメクジを含んだ状態で美しい顔を我慢汁で汚れたペニスに近づける。すると彼女は口を開け、ペニスを口に含んだ。亀頭を中心に瞳の舌、唇、パスタ、生卵は這い回る。ミミズ、ヒル、ナメクジ、ミールワームの群れが亀頭を貪る。我慢汁が溢れると、鈴口が中心的にいじめられる。瞳は浮田が悶える姿を見て目を輝かせて楽しんでいる。

突然、ミミズたちは消えた。そして1つの粘土の塊が口の中で生まれる。瞳は粘土を舌の裏に入れると、浮田の亀頭を吸引し始めた。尿道に栓をしていたパスタと瞳の唾液の塊が吸い出される。そして粘土の塊と融合する。瞳の舌は粘土を持ち上げ、歯は亀頭を上下から優しく噛む。鈴口と尿道が拡張される。瞳の舌は素早く粘土を尿道内に押し込む。
「うぐあああああああああ!!!!!!」
尿道に粘着質なスライムが挿入されたような苦痛に、浮田は思わず絶叫した。
「こら、静かになさい!」
ぴしゃりと、瞳は浮田を叱り、お尻を平手打ちする。子供のように扱われた被虐感に、ペニスは脈打った。
「あああああああ・・・・」
「浮田さん、いかが? 尿道内をカルボナーラと私の唾液が混じったスライムに舐められる感触は? 尿道が裂けそうで苦しいけど、中から刺激されて気持ちいいんでしょう?」
瞳は浮田をいたぶるのを楽しんでいる。瞳は続けた。
「出したい?」
浮田は首を縦に振る。
「何を?」
浮田は突然の質問に答えられない。
「誰に、何を、どんなふうに出してほしいの? 言ってごらん。」
息も絶え絶えに、浮田は力を込めてゆっくりと言った。
「藤田さんに、せ、精液を、口で、口で出してほしいです。」
「違うでしょ。『瞳様に、僕の汚い精液を、綺麗なお口で出してください。』でしょ。」
浮田は限界だったが、最後の力を振り絞って言った。
「瞳様に、ぼ、僕の汚い、精液を、綺麗な、綺麗なお口で、お口で、出してください。」
「『お願いします』は?」
「お、おお、お願いしますっ・・・・」
瞳の口元は意地悪く歪み、悪魔のような嘲笑を浮かべる。
「いいわよ。浮田さんの精液、私の口で出してあげる。」
瞳は浮田の元を離れ、テーブルに向かった。最後に残ったパスタをフォークで巻き取り、口に含む。戻ってくると、瞳は約束通りに口で亀頭を咥えた。瞳の口の中で、舌がナメクジのように、パスタがミミズのように亀頭、鈴口、雁首を攻撃する。その間に、瞳の指がゴカイのようにお尻の穴に侵入する。肛門内で指はヒルのように前立腺を這い回り、噛みつき、啜る。
「あ、あ、あ、あ、あ、あ・・・」
お尻の穴と亀頭を同時に刺激され、射精感はすぐに訪れた。睾丸から精液が登ってくるのを感じる。瞳の口腔は吸引体勢に移り、尿道内の粘土を吸い出した。精液がその後を追うように尿道を駆け上る。
「イクううううう!!!!!」
浮田が声を上げると、精液は瞳の口の中へと放出された。
「んんんっ、んぐ、んぐ、んぐ・・・」
瞳は大量の精液を扱うのに苦労しているようだ。しかし瞳の口はペニスから離れずにこらえる。
射精が完了すると、瞳は口を離した。口からは精液と粘土に包まれたパスタが垂れ下がっている。ジュルジュルジュルと、パスタは瞳の綺麗な口に侵入していく。
瞳は立ち上がり、浮田の状態を起こした。そして咀嚼したパスタを口移しで浮田に食べさせる。自身の精液の苦さと瞳の唾液の甘さに、浮田の脳はオーバーヒートした。瞳は唇を離すと、浮田の目を覗き込みながら言った。
「もう、下着盗んじゃだめよ。またやったら、もっとキツく躾けてやるわ。」

前←

1 2 3 4 5
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ 2015/03/03 01:06 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾4

瞳は再びテーブルに戻り、パスタをフォークに1巻き口に含んだ。その後浮田の後ろに回り込み、口をアナルに密着させる。それからパスタを肛門内に吐き出した。同時に瞳の左手の指が亀頭に絡み付き、右手の指が会陰部を掴む。左手の指は人差し指と中指が雁首に引っかかり、親指が鈴口を舐める。人差し指と中指はまるで2匹のミミズのように亀頭を締めたり緩めたりし始める。親指はまるでヒルのように鈴口を啜る。一方、右手の親指は5匹のヤスデのようにサワサワと会陰部の上で蠢く。
「あっはあああぁぁぁぁぁ・・・」
浮田は堪らずに喘ぎ声をあげる。浮田の喘ぎに瞳は目を輝かせると、
「あなたみたいな下着泥棒は、きっと女性にモテないんでしょうね。浮田さんはそんな惨めな男だから、この程度の手コキに耐えられないのよ。」
瞳はアナルを1舐めする。
「ココも、いっぱい躾てあげる。」
瞳はお尻の穴から垂れ下がっているパスタを口で出し入れする。パスタはミミズの群れのように肛門を這い回る。

男根、会陰部、睾丸、肛門を瞳の操るミミズたちが這い回る。ミミズに責められ、浮田は快楽に翻弄されていた。瞳の手や口、パスタにより浮田は2度目のオーガズムを迎える。射精の直前、瞳は肛門内のミミズを口で吸い出し、同時に指をペニスから離した。絶頂を寸止めされ、精液は尿道から睾丸へと逆戻りする。彼女は浮田の前に来て、しゃがみ込む。彼女は浮田の顔を覗き込む。瞳の口からはパスタが垂れ下がっている。品のよい顔立ちと下品な姿とのギャップに、浮田は思わず見とれ、唾を飲み込んだ。パスタは瞳の口の中に入っていく。まるで美女の口から侵入するミミズのようだ。瞳は美しい口でパスタを咀嚼する。すると瞳はおもむろに浮田と唇を合わせた。瞳のナメクジのような舌は浮田の口をこじ開けて侵入する。そして噛み砕かれたパスタが浮田の口の中に入ってきた。
「うぐっ」
突然口の中にものを入れられ、浮田は吐き出しそうになる。
「だめよ。ちゃんと食べなさい。」
瞳は目敏く見つける。
「私の子供たちもご飯を吐き出すなんてマナーの悪いことはしないわよ。ちゃんと食べなさい。」
そして瞳は女豹のように輝く目で浮田の顔を覗き込み、
「憧れの女性の唾液と自分の肛門の汚い汁が混ざったパスタよ。味わって食べなさい。」

前← →次

1 2 3 4 5
[ 2015/03/03 01:05 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾3

「全裸になって、床に四つん這いになりなさい。」
瞳は浮田に命令した。浮田は困惑と混乱に襲われながら、瞳の命令に従った。
浮田は全裸の状態で四つん這いになる。すると、瞳は浮田の後ろに回った。瞳は指でお尻の穴に触れる。他人の、しかも女性の指でお尻の穴を触られるのは初めてだ。浮田は思わず腰を引いた。そのとき、浮田のペニスは後ろの方に引っ張られた。
「ちょっと、何逃げようとしてるの? これから躾が始まるの。浮田さん、逃げられない状況なのはわかってるでしょう?」
瞳に男根を引っ張られ、浮田の腰は乱暴に引き戻される。瞳の人差し指は浮田のアナルを擦り始めた。瞳は右手の指でアナルを刺激しながら、左手でペニスを握っている。包皮の入り口に、彼女の小指が近づいている。
「これから浮田さんの敏感なところを刺激するわよ。覚悟はいい?」
そう言うと、浮田のお尻の穴と包皮口は同時に触れられた。アナルと包皮口から、何かが侵入してくる。思わずもがいたが、瞳の言葉で冷静さを取り戻す。
「浮田さんは私に逆らえないの。そのことわかってんの?」
包皮口から侵入した指は亀頭を弄くり、アナルから侵入した指は肛門を拡張させようと這い回る。数分が経過した後、ペニスは包皮が剥かれ、亀頭が露出していた。アナルは異物感が残るものの、指を引き抜かれる直前には快感を失ったもどかしさにヒクヒクと脈打っていた。
「さあ、これからが本番よ。」
そう言うと、瞳はテーブルに戻った。浮田の目の前で、瞳はカルボナーラをフォークに一巻きだけ口に含む。瞳は浮田の後ろに戻ってきた。彼女は拡張されたアナルに口を近づけると、舌をアナルに押し込み、パスタを肛門に侵入させた。
「ああうっ」
未知の異物感を覚え、浮田は呻く。その後、瞳はアナルから口を離すと今度はペニスを股の後ろに引き出した。亀頭が露出した状態で、暖かくて粘着質な感触がペニス先端を覆う。すると、ヌルヌルとした細い糸状の物体が亀頭に触れる。まるでミミズのようだった。瞳の手が包皮で亀頭とミミズを被せる。肛門と包皮の中で、ミミズは瞳の命令を待つ。
「準備万端ね。それじゃあ、いくわよ。」
そう言うと、瞳はアナルから外に垂れているパスタを口で咥えた。同時に、右手で男根を包み込み、左手で睾丸を包み込む。瞳の右手は、一本一本の指がまるでミミズであるかのように蠢き始める。左手の指は、一本一本がまるでミールワームのように蠢き始める。そして瞳はお尻の穴に唇を当て、麺の吸引・吐出を繰り返した。肛門と包皮内の亀頭は油で覆われたパスタがミミズのように撫でる。肉棒は瞳の右手の指がナメクジのように這い回る。睾丸と会陰部はミールワームのようにくすぐる。
すぐに我慢汁が包皮口から溢れてくる。瞳は目敏く汁を発見すると、
「あらあら、私のランチと指に刺激されて気持ちよくなっちゃったのね。さすが、童貞は違うわね。」
と言い、浮田をからかう。すると瞳の右手の指は包皮口から侵入し、溢れ出す我慢汁をナメクジのように啜る。包皮から這い出したナメクジは再び裏筋をなで回し、快感を浮田のペニスに送り込む。
「あう、あう、あう、あう・・・」
精液が浮田の尿道から登ってくる。絶頂の瞬間が、浮田に迫ってくる。
「あら、童貞の浮田さんはもうイキそうなのかしら? だらしないわね。」
そう言うと、瞳は肛門と包皮の中の麺を口で吸い出した。その直後、瞳は亀頭を咥える。瞳の舌とパスタが鈴口、雁首、亀頭を万遍なく撫で回し、快感の波が一層速く押し寄せる。まるで舌がナメクジ、麺がミミズのようだ。
突然、瞳の口からミミズが消えた。ナメクジだけが亀頭を撫で回す。しかし浮田にとってそんな変化は取るに足りないものだった。浮田の射精はもう止められない。
射精の寸前、鈴口が大きく開く。その瞬間に瞳は歯で亀頭を上下から挟み、鈴口をさらに拡張させる。それから瞳は舌技と喉を巧みに操り、尿道に異物を送り込んだ。異物に栓をされ、浮田は射精ができない。全速力で駆け上がった精液は壁に正面衝突し、逆流しようとする。
「ああああああああああ!!!!!!」
尿道内部で精液が渦巻き、浮田は苦悶のあまりに悲鳴をあげる。浮田の苦しんでいる姿を瞳は心底おもしろがっている。彼の苦悶に満足してから、瞳は言った。
「どう? 私のランチを尿道に詰められる感触は? 辛い? 苦しい? それとも、気持ちいいのかな?」
瞳は人差し指で裏筋を撫でながら繰り返す。
「これから2時間、浮田さんのペニスを躾てあげる。今、躾の間に浮田さんが射精できないように尿道に栓をさせてもらったわ。かなり辛いから、覚悟することね。」

前← →次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:05 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾2

浮田は大学1年生で、上京したばかりだ。大学の近くにアパートを借り、家庭教師のアルバイトをしながら生活していた。男子校を卒業してから理系を専攻し、サークルもしていない浮田には女性との接点がなかった。
(彼女がいたらいいな。)
そんな思いを漠然と抱きながら毎日を過ごしていた。

浮田が瞳と知り合ったのは、8月半ばのことだった。瞳はアパートの隣の部屋に住む人妻だ。彼女は綺麗な顔立ちに豊かな胸、引き締まったウエストの持ち主であった。朝早く、彼女が夫と小学生くらいの子供を送り出すときの明るくて優しそうな母親の笑顔を見るたびに、浮田は元気をもらっていた。

そんなある週末のことだった。瞳の家は全員外出中だった。浮田がベランダから周囲の景色を楽しんでいたとき、ふと隣の家の洗濯物に目が止まった。
どうして浮田がそんな行動を取ったかわからない。気がついたら、浮田は瞳の上下の下着の匂いを嗅ぎながら自慰行為に耽るという醜い行動を取っていた。

翌日の午後、インターホンが鳴った。
玄関に出ると、そこには憧れの瞳が立っていた。
「浮田さん、ちょっとお時間いただいてもいいかしら?」
浮田は緊張した。ごくり、と唾を飲み込む。瞳は浮田に詰め寄った。
「あなた、私の下着盗んだでしょ。」
浮田は嘘を隠すのが下手だ。汗が額に滲む。瞳が仄かに微笑む。目に確信に満ちた光を浮かべながら言った。
「今、夫も子供たちもいないの。親の実家に先に行ってるわ。誰もいないの。ちょっと私の部屋に来てくれるかしら?」
瞳にはお見通しだった。浮田が下着泥棒の犯人だという事実が。

部屋に入ると、瞳はランチの途中なのか、ダイニングルームにはカルボナーラスパゲッティが置いてあった。彼女は浮田に座るように言った。浮田は瞳と向かい合わせで着席している。今日の瞳は胸元が大きく開いたシャツを着ている。彼女の胸元から目を反らすのは難しい。緊張している浮田に、瞳は言った。
「浮田さんって、今大学生なのよね。」
瞳は続ける。
「下着泥棒って、犯罪よね。警察に言ったらどうなるかしら? 浮田さん、退学だけじゃなくて人生もおしまいよ。」
瞳の顔に意地の悪い笑みが浮かぶ。
「浮田さんの将来、どうなるのかな?」
浮田は何も言えない。瞳は救いの言葉を投げかける。
「今回は許してあげてもいいわ。」
瞳は立ち上がると、浮田の側に寄って来た。浮田の肩に暖かい手を置いて、瞳は言葉を続ける。
「もし浮田さんが私の躾を受けるならね。」
許してもらう条件は、瞳の躾を受けることだった。

前← →次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:04 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾1

浮田は予想もしない快感を経験していた。美しい人妻の白魚のような指が男根に巻き付いている。その指がミミズのように1匹ずつ違う動きで男根を緩めたり締めたりして、快感を送り込んでいる。一方、お尻の穴にも何匹ものミミズの群れが侵入して内壁を貪っている。お尻の穴のミミズは縦横無尽に這い回り、浮田の性感帯を犯している。さらに、ミールワームの群れが浮田の睾丸を這い回っている。ミールワームが這い回ることで快感が直接睾丸に送り込まれ、快感が増大する。だが浮田の尿道は栓をされており、射精できない状況だ。

→次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:04 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !