FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

男いじめ体験談(女→男) 08 - 他人を自殺に追い込む方法

注: 登場人物は全て仮名です。

私は小学校高学年のときから、趣味として男の人たちをいじめています。当時から私は男子が苦しむ姿を見るのがとても好きなのです。
男をいじめることの醍醐味は、男性が苦しみながら自殺するところです。特に自殺の瞬間を見るのが一番です。さらにその話をすることで一緒にその男をいじめた友達と盛り上がれます。
私は今までにたくさんの男の人をいじめて自殺に追い込んできました。その後は通常、自殺に追い込んだ側の人間には特に何も起こりません。なぜなら学校や会社などの組織は自身の体面を保つことが必要なので、いじめた側の人間を助けます。一方、いじめられて自殺した側は何もできません。笑えることに、いじめで子供が自殺した家庭は両親同士の不和などで家庭が崩壊してしまいます。私たちは彼ら玩具たちの家庭が壊れるのを見て楽しむだけです。そのため、私は男性たちを好き放題いじめて自殺に追いやることで楽しく過ごしてきました。
私が初めて男子を自殺に追い込んだのは、中学生のときでした。当時私のクラスには權くんという男子がいました。彼は頭も悪くて運動神経も鈍く、何の才能もないクズ男子でした。私と友達は、そんな役立たずの彼をいじめることで、普段の勉強や部活動で溜まったストレスを解消していました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男いじめ体験談(女→男) 07 - 「日本人化」の方法 – The manner of “Japanization”

注: 登場人物は全て仮名です。

私が中学生の頃、ある貧しい国から来た外国人の男子が同じ学校にいました。彼の両親は訳のわからない名前を持っており、子供にも彼らの野蛮な文化の名前を付けていました。その男子は学校では日本語を話しているのですが、聞き苦しい彼の母国語の訛りが出ていました。その上、彼は家族同士で聞き苦しい蛮族の言葉を使って話していました。当時私は彼と同級生でした。私も友達も彼の劣った文化や風俗、言葉は周りのきれいな空気を乱すと考えていました。そのため私たちはある日、彼を完璧な日本人にするために「教育」を実施することにしました。その第1歩として、私たちは彼に「気味皮障児」という名前を付けました。
「気味皮」は彼の苗字です。彼の外見は「気味が悪」かったので、「気味の悪い皮膚」という意味を込めて「気味皮(キミカワ)」という苗字を彼に付けました。
「障児」は彼の名前です。彼は知的「障害」を持つ「児童」並みに頭が悪かったので、「障児」という名前を彼に与えました。
私たちは彼を日本人にしてあげるために、2つの過程が必要だと考えました。まずは「破壊」です。私たちは彼が育ってきた文化的背景を壊した方がいいと考えました。私たちは日本文化の中で生きています。欧米諸国のように進んだ国々の文明社会で育てば問題ないのですが、気味皮くんは野蛮で未開の社会で育ってしまいました。だからこそ、私たちは彼の中に巣食う汚れた貧しい文化的背景を壊すべきだと考えたのです。

男いじめ体験談(女→男) 06 - 指導方法

注: 登場人物は全て仮名です。

今回は尿道責めに関してみなさんが普段から疑問に思っていることに答えます。その際に私の体験談もお話しします。
今回の疑問はこちらです。
Q1: 男性への尿道責めはどうやるんですか?
A1: 男性の尿道に細い棒状のものを挿入して出し入れを繰り返すという方法で行います。
尿道に棒状のものを挿入するときは、細い棒から順番に挿入していきましょう。綿棒くらい細いものから始めるのが最適です。挿入する棒を徐々に太くしていけば、尿道を拡張できます。
尿道責めに使う棒(尿道ブジー)には、様々な種類があります。尿道責め用の棒のセットも存在し、太さごとに棒を用意しているものもあります。
それでは、私の尿道責めの体験についてお話しします。

男いじめ体験談(女→男) 05 - 特別指導

注: 登場人物は全て仮名です。

私が某国の高校に通っていた頃、オルロヴァ先生という数学の先生がいました。先生は教え方がわかりやすくて授業もおもしろかったので、生徒皆から人気がありました。先生は優秀な生徒の才能を伸ばすことだけではなく、成績の悪い生徒を指導するのも上手かったのです。私は先生のおかげで数学が好きになったと言っても、過言ではありません。先生のおかげで、私の数学の成績は飛躍的に伸びました。
私のクラスには、学年で最下位を争うほど成績が悪い男子がいました。彼はオズボーン・オッペンハイマー(Osborn Oppenheimer)と言いました。彼はとても頭が悪かったので、各教科の先生方は指導に苦労していました。私も彼の成績が悪い原因が理解できなかったので、彼のことを知的障害者かもしれないと思っていました。

男いじめ体験談(女→男) 04 - 特別支援学級の生徒を

注: 登場人物は全て仮名です。

あれは私が中学生のときでした。私の学校にも特別支援学級があり、そこでは障害を持つ子供が勉強をしていました。私たちは特別支援学級のことを「支援学級」と呼んでいました。支援学級は私たちの教室からは離れていました。なので、普段は支援学級の子たちと接する機会はありませんでした。
当時の私は同級生の男の子たちをいじめることに夢中でした。仲良しの女子のグループが集団でクラスや学年で立場の弱い男子をターゲットにして様々な嫌がらせをしていました。みんなでターゲットの男子を取り囲んでその子の悪口を言ったり、ターゲットの子の持ち物を隠したり、残飯や糞を鞄に入れたり、男子の急所をみんなで蹴ったりして遊んでいました。
女子のうち何人かは男子のペニスを指や口で弄って楽しんでいました。女子にペニスを弄られると、男子は興奮して勃起してしまいます。中学生になると、男子はオナニーを覚え始め、射精ができるようになります。特に好奇心旺盛な女子が勃起と射精が目当てで男子を性的にいじめていたのです。
私の親友の恵美子も私と同じく、そんな女子の1人でした。私はある日、恵美子から男いじめに誘われました。
「この前、おもしろい男の子を見つけたの。今日はその子で遊ぼうよ。」
私たちが休み時間におしゃべりを楽しんでいたとき、恵美子はそう言っていました。その日私は予定がなかったので、彼女の誘いに乗りました。私たちはその日の放課後に教室に二人で待ち合わせることにしました。普段私たちが男の子をいじめる場所は、教室か同じ階の空き教室でした。ですが彼女は、その日は違う場所に行くと話していました。
放課後になり、私は彼女に連れられて支援学級に行くことになりました。彼女から支援学級に行くと聞かされ、予想していなかった事態に緊張していました。一方で彼女はとても楽しそうな様子でした。支援学級に着くと、一人の男の子がそこにいました。
「あの男の子は知的障害者なの。あの子は親が迎えに来るまで、教室で待ってるの。お迎えは一、二時間後だからたっぷりと時間があるわ。」
彼女はそう言って、私を連れて支援学級へと乗り込みました。支援学級は私たちの教室とほとんど同じような構造でした。ですが、机の数は普通の教室よりも少なく、淋しい感じがしました。
カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !