FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

森下悠里1

森下悠里にペ○スを手で嬲られた挙げ句、尿道にナメクジとミミズの残骸を詰められます。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

吉高由里子2

吉高由里子に尿道責めをされます。由里子様にイジメられたい方はどうぞお楽しみください。
スライド2

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

紗綾4

紗綾がメイドという設定です。ご主人様を手コキで犯します。どうぞお楽しみください。
スライド4

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

原幹恵2

原幹恵が家庭教師のアルバイトという設定です。教え子を手コキで嬲って楽しんでいます。
スライド2

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

 伊丹は教室に1人でいるはずだった。彼は教室で1人残り、女性の体育着の匂いを堪能していた。
 それは高校2年生の夏のことだった。クラス全員が教室から出て行ったことを確かめた後、彼は再び教室に入った。以前から目を付けていた女子生徒の席に接近し、机の上に体育着の袋を乗せた。彼は無我夢中で袋の中から体操着を取り出した。すると彼は、彼女の匂いの残るブルマを自らの顔に押し当てた。
(いい匂いがする。)
彼は心の底からそう思った。しばらく彼女のブルマの匂いを堪能した後、彼は体操着のTシャツに手を伸ばそうとした。今日の体育の授業、女子はバスケットボールだった。彼女の汗の匂いが残っているうちに嗅いでおこう。彼女が汗ばみながらプレイしている場面を想像しながら、彼はTシャツを掴んだ。すると、

カシャ カシャ カシャ

シャッターの音が鳴った。右斜め前を見ると、そこにはなんと自分が握りしめている体操着の持ち主が立っていた。彼女の両手の中ではカメラが撮影音を鳴らしていた。

「伊丹くん、私の机で何してるの? 」
今井はそう訊き、ゆっくりと彼のいるところに詰め寄ってきた。
「もう一度訊くね。」
彼女は嬲るように
「私の机の上で体育着広げて何してるの? 」
彼に訊いた。
「あ、あの・・・」
彼は現場を押さえられた驚きとこれからの話の展開に対する不安で言葉に詰まった。すると彼女は、
「私の机で悪戯してたんでしょう? 」
そう言われた。彼は何も言えずにいると、
「どんな悪戯をしていたの? 」
彼女はそう訊いてくる。本当のことを答えるわけにもいかず、彼は答えられずにいる。
「ん? どうしたの? 私の質問が聞こえなかったのかな? 」
言葉を発することができない伊丹を見るのを楽しむように、今井は彼を追いつめていく。
「ねえ、答えてよ。」
喉がカラカラだった。彼女は震える彼を見て
「早く言わないと、この写真ばらまくよ。」
彼にとって、その一言は止めだった。
「・・・匂いを嗅いでました・・・」
「なに? よく聞こえないんだけど。」
「匂いを嗅いでました。」
彼女は手を緩めない。尚も追いつめ続ける。
「何の匂いを嗅いでたの? ちゃんと言わないとダメだよ。」
彼は大人しく答えた。
「・・・体育着の匂いを嗅いでました。」
彼女は獲物を見つけた捕食者の眼差しで彼の目を見つめながら訊いてきた。
「どうして私の体育着の匂いを嗅いでたの?」
彼は答えに窮した。この先は答えられない。すると、彼女は最後の一押しをした。
「ほら、早く答えないと。どうなるか、わかってるよね? 」
もう降参するしかないと思い、彼は答えた。
「体育着で、オナニーしようとしてました。」
一瞬の沈黙の後、彼女は言った。
「伊丹くん、それは犯罪です。先生やご両親にも報告しなければいけません。」
「お、お願いです。それだけは止めてください。」
「ダメです。ちゃんと報告します。」
そう言って、彼女は立ち去ろうとした。
「今井さん、お願いだから、それだけは止めて! 」
彼は彼女の腕を掴んだ。彼女はその腕を振りほどいた。
「汚い腕で触らないでよ。」
そう言われ、彼は萎縮してしまった。彼女は伊丹に向き直ると、
「学級委員として、今回の件を見過ごすことはできません。伊丹くんに罰を与えます。」
そう言って、彼女は一歩彼に近づいた。
「今から罰の内容を説明します。」
彼女の顔が彼に近づく。彼女の唇が動く。
「伊丹くん、ズボンを脱いで着席しなさい。」
彼女は続ける。
「それから国語の教科書を取り出しなさい。そして端から端まで音読するの。」
彼女の瞳の輝きは増していく。
「その間に」
彼女は彼の後ろに回り込む。彼女は彼の方に手を置いて
「私が手でキミのペ○スを愛撫してあげる。」
と言った。彼女は手を肩から二の腕、肘を撫でる。
「どんなに気持ちよくても、音読が終わるまでは白い液を出してはいけません。音読が終わるまで、我慢し続けなさい。」
伊丹にとっては驚きだった。今井の口から「僕のペ○スを触る」という言葉が発せられるとは思いもしなかった。
「もし音読が終わる前に出しちゃったら、」
彼女は彼の目の前に戻ってくる。
「もし音読が終わる前に白い液体飛ばしたら、この写真をみんなに見せます。先生、クラスのみんな、キミの家族、みんなに見せます。」
彼女は意地悪な笑みを浮かべながらそう言った。
「さあ、どうするの? 罰を受けるんでしょう? 」
彼は困惑していた。まさか女子の前でズボンを脱ぐことになるとは思いもしなかった。だが、ここまで来たら彼女に従うしかない。
「伊丹くん、ズボンを脱ぎなさい。」
彼は仕方なく命令に従った。ズボンを脱いで着席し、言われた通りに国語の教科書を机の上に取り出した。
「ちゃんと椅子を引いて。机と自分の身体は拳1つ分あけるのよ。」
彼は言われた通りにした。
「教科書を開きなさい。」
彼は教科書を開く。彼女は続けた。
「それでは、音読を始めなさい。」
彼は読み始めた。読みながら、彼女が後ろで動く気配を感じた。
「今からキミのペ○スを撫で回してあげるね。」
彼女がそう言った後、彼は太ももにくすぐったい感触を覚えた。彼の位置からは見えないが、彼女は5本の指を立てて彼の太ももをくすぐっているようだ。
「こうすると、気持ちいいの。今、私の指はキミの太ももを探ってるの。どこにキミの気持ちいいポイントがあるか、私の指たちはみんなで探してるの。」
彼女の指は太ももの内側を這い回り、やがて付け根までたどり着いた。それから指は付け根から降りていくと、蔦のように肉棒に絡み付いた。彼の身体に快感が奔る。
「もう硬くなってるよ。これからもっと大きくしてあげるからね。」
そう言うと、彼女の指は肉棒を前後にゆっくりと動かし始めた。その動きは緩慢で、焦れったかった。
「もっと速く動かしてあげようか? でもそうすると、キミはすぐにイッちゃうかも。そしたら、どうなっちゃうのかな? 」
彼女は彼を嬲るのが心底楽しいようだ。そう言って、彼を焦らすようにゆっくりと愛撫し続ける。すると、彼女の指の一部は太ももの上側を伝い、下側に移動する。
「さあて、キミの股の間の果実はどのくらい熟れてるのかなぁ♪」
そう言って、彼女の指は睾丸をくすぐる。
「ほおら、キミの睾丸が上がっていくよ。我慢しなきゃだよぉ〜」
彼女の爪は刺のように、伊丹の睾丸を引っ掻いた。爪の感触が心地よすぎて、彼は出しそうになる。そして肉棒に絡み付いていた指はペ○スの皮を剥き、亀頭を露出させた。それから指は亀頭に絡み付く。すぐに指は体勢を変え、爪先で亀頭をくすぐり始めた。
「音読のスピード、遅くなってるよ。喘ぎ声なんか出してないで、もっとちゃんと読み進めなさい。」
亀頭と睾丸をくすぐられて、たまらず彼は出しそうになる。彼の身体は反り返り、発射体勢に移る。その直後、彼女の指は彼のペ○スから離れた。
「キミは本当にバカね。出しちゃダメだって言ったでしょう。」
彼女の声から嘲笑の響きが感じられた。
「音読、まだ途中でしょ。まだまだ続けるよ。」
彼女の指はペ○スに戻る。


彼女は何度も寸止めを続けた。彼がイキそうになると、すぐに彼女の指はペ○スを離れた。その度に彼は苦痛を覚えた。


拷問のような快楽地獄に耐えながら音読を進め、彼は遂に最後の5ページまでたどり着いた。
(これでもう、罰は終わりだ。)
そう思った瞬間、彼女は言った。
「伊丹くん、これから本気で愛撫してあげるからね。」
彼女の指の動きは早くなった。今までの焦らすような動きとは違い、まるで触手のようにペ○スに吸い付き、締め付ける。
「あ、あ、あ、あ、あ・・・」
彼はもう音読どころではなくなった。そして最後の瞬間、彼女は彼の耳元で囁いた。
「汚い汁出しなよ、変態くん。」
彼女はそう言うと、片手で亀頭を覆い、雁首に絡めたもう片方の手の指を激しく動かした。そして彼は白濁液を彼女の手に向かって放った。

「音読が終わる前に出しちゃって、残念だったね。」
彼女は彼の目を見つめながら、残酷な笑みを浮かべている。
「この写真、みんなに見せちゃうよ。もう、キミは終わりだね。」
彼女は手に付いた白い液を彼の目の前に見せながら、ひとしきり彼を言葉で傷つける。彼が涙目になりながらうつむいてる姿に満足したのか、彼女は手に付いた汁を彼のズボンで拭い、教室を出て行った。
[ 2014/12/06 14:15 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

篠崎愛1

篠崎愛が同僚という設定です。覗き男を手コキでイジメて精神的に痛めつけます。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

上戸彩2

上戸彩に手コキで虐められます。焦らされた後、尿道にミミズの残骸を詰められます。どうぞご鑑賞ください。
スライド2

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

岸明日香1

岸明日香が看護師という設定です。惨めな男を「劣悪な遺伝子を持っている」と罵ります。どうぞお楽しみください。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

吉高由里子1

吉高由里子が女子大生という設定です。キモ男を言葉でイジめます。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

常盤貴子1

常盤貴子が人妻という設定です。下着泥棒に犬の糞を食べさせます。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)
カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !