FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

武井咲2

武井咲がM男の亀頭のみを小指だけで焦らして翻弄します。どうぞ、お楽しみください。
スライド2

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

上戸彩3

上戸彩に言葉で責められながら、鈴口と尿道を集中的に弄られます。
スライド3

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

ほしのあき1

ほしのあきが人妻という設定です。舌で男のペニスを焦らし、寸止めでイジメます。
スライド1

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

眞鍋かをり3

眞鍋かをりが教師という設定です。水着姿の眞鍋先生に手コキでイジめられます。
スライド4

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

岸明日香2

岸明日香が女性看護師という設定です。劣悪な遺伝子を持つ男性患者を言葉と手コキで虐め抜きます。
スライド2

二次元の女の人の言葉責めは下記リンクよりお楽しみください。
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・日常編)
【M男向け】セリフ付き言葉責め画像集(2次元版・セックス編)

躾3

「全裸になって、床に四つん這いになりなさい。」
瞳は浮田に命令した。浮田は困惑と混乱に襲われながら、瞳の命令に従った。
浮田は全裸の状態で四つん這いになる。すると、瞳は浮田の後ろに回った。瞳は指でお尻の穴に触れる。他人の、しかも女性の指でお尻の穴を触られるのは初めてだ。浮田は思わず腰を引いた。そのとき、浮田のペニスは後ろの方に引っ張られた。
「ちょっと、何逃げようとしてるの? これから躾が始まるの。浮田さん、逃げられない状況なのはわかってるでしょう?」
瞳に男根を引っ張られ、浮田の腰は乱暴に引き戻される。瞳の人差し指は浮田のアナルを擦り始めた。瞳は右手の指でアナルを刺激しながら、左手でペニスを握っている。包皮の入り口に、彼女の小指が近づいている。
「これから浮田さんの敏感なところを刺激するわよ。覚悟はいい?」
そう言うと、浮田のお尻の穴と包皮口は同時に触れられた。アナルと包皮口から、何かが侵入してくる。思わずもがいたが、瞳の言葉で冷静さを取り戻す。
「浮田さんは私に逆らえないの。そのことわかってんの?」
包皮口から侵入した指は亀頭を弄くり、アナルから侵入した指は肛門を拡張させようと這い回る。数分が経過した後、ペニスは包皮が剥かれ、亀頭が露出していた。アナルは異物感が残るものの、指を引き抜かれる直前には快感を失ったもどかしさにヒクヒクと脈打っていた。
「さあ、これからが本番よ。」
そう言うと、瞳はテーブルに戻った。浮田の目の前で、瞳はカルボナーラをフォークに一巻きだけ口に含む。瞳は浮田の後ろに戻ってきた。彼女は拡張されたアナルに口を近づけると、舌をアナルに押し込み、パスタを肛門に侵入させた。
「ああうっ」
未知の異物感を覚え、浮田は呻く。その後、瞳はアナルから口を離すと今度はペニスを股の後ろに引き出した。亀頭が露出した状態で、暖かくて粘着質な感触がペニス先端を覆う。すると、ヌルヌルとした細い糸状の物体が亀頭に触れる。まるでミミズのようだった。瞳の手が包皮で亀頭とミミズを被せる。肛門と包皮の中で、ミミズは瞳の命令を待つ。
「準備万端ね。それじゃあ、いくわよ。」
そう言うと、瞳はアナルから外に垂れているパスタを口で咥えた。同時に、右手で男根を包み込み、左手で睾丸を包み込む。瞳の右手は、一本一本の指がまるでミミズであるかのように蠢き始める。左手の指は、一本一本がまるでミールワームのように蠢き始める。そして瞳はお尻の穴に唇を当て、麺の吸引・吐出を繰り返した。肛門と包皮内の亀頭は油で覆われたパスタがミミズのように撫でる。肉棒は瞳の右手の指がナメクジのように這い回る。睾丸と会陰部はミールワームのようにくすぐる。
すぐに我慢汁が包皮口から溢れてくる。瞳は目敏く汁を発見すると、
「あらあら、私のランチと指に刺激されて気持ちよくなっちゃったのね。さすが、童貞は違うわね。」
と言い、浮田をからかう。すると瞳の右手の指は包皮口から侵入し、溢れ出す我慢汁をナメクジのように啜る。包皮から這い出したナメクジは再び裏筋をなで回し、快感を浮田のペニスに送り込む。
「あう、あう、あう、あう・・・」
精液が浮田の尿道から登ってくる。絶頂の瞬間が、浮田に迫ってくる。
「あら、童貞の浮田さんはもうイキそうなのかしら? だらしないわね。」
そう言うと、瞳は肛門と包皮の中の麺を口で吸い出した。その直後、瞳は亀頭を咥える。瞳の舌とパスタが鈴口、雁首、亀頭を万遍なく撫で回し、快感の波が一層速く押し寄せる。まるで舌がナメクジ、麺がミミズのようだ。
突然、瞳の口からミミズが消えた。ナメクジだけが亀頭を撫で回す。しかし浮田にとってそんな変化は取るに足りないものだった。浮田の射精はもう止められない。
射精の寸前、鈴口が大きく開く。その瞬間に瞳は歯で亀頭を上下から挟み、鈴口をさらに拡張させる。それから瞳は舌技と喉を巧みに操り、尿道に異物を送り込んだ。異物に栓をされ、浮田は射精ができない。全速力で駆け上がった精液は壁に正面衝突し、逆流しようとする。
「ああああああああああ!!!!!!」
尿道内部で精液が渦巻き、浮田は苦悶のあまりに悲鳴をあげる。浮田の苦しんでいる姿を瞳は心底おもしろがっている。彼の苦悶に満足してから、瞳は言った。
「どう? 私のランチを尿道に詰められる感触は? 辛い? 苦しい? それとも、気持ちいいのかな?」
瞳は人差し指で裏筋を撫でながら繰り返す。
「これから2時間、浮田さんのペニスを躾てあげる。今、躾の間に浮田さんが射精できないように尿道に栓をさせてもらったわ。かなり辛いから、覚悟することね。」

前← →次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:05 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾2

浮田は大学1年生で、上京したばかりだ。大学の近くにアパートを借り、家庭教師のアルバイトをしながら生活していた。男子校を卒業してから理系を専攻し、サークルもしていない浮田には女性との接点がなかった。
(彼女がいたらいいな。)
そんな思いを漠然と抱きながら毎日を過ごしていた。

浮田が瞳と知り合ったのは、8月半ばのことだった。瞳はアパートの隣の部屋に住む人妻だ。彼女は綺麗な顔立ちに豊かな胸、引き締まったウエストの持ち主であった。朝早く、彼女が夫と小学生くらいの子供を送り出すときの明るくて優しそうな母親の笑顔を見るたびに、浮田は元気をもらっていた。

そんなある週末のことだった。瞳の家は全員外出中だった。浮田がベランダから周囲の景色を楽しんでいたとき、ふと隣の家の洗濯物に目が止まった。
どうして浮田がそんな行動を取ったかわからない。気がついたら、浮田は瞳の上下の下着の匂いを嗅ぎながら自慰行為に耽るという醜い行動を取っていた。

翌日の午後、インターホンが鳴った。
玄関に出ると、そこには憧れの瞳が立っていた。
「浮田さん、ちょっとお時間いただいてもいいかしら?」
浮田は緊張した。ごくり、と唾を飲み込む。瞳は浮田に詰め寄った。
「あなた、私の下着盗んだでしょ。」
浮田は嘘を隠すのが下手だ。汗が額に滲む。瞳が仄かに微笑む。目に確信に満ちた光を浮かべながら言った。
「今、夫も子供たちもいないの。親の実家に先に行ってるわ。誰もいないの。ちょっと私の部屋に来てくれるかしら?」
瞳にはお見通しだった。浮田が下着泥棒の犯人だという事実が。

部屋に入ると、瞳はランチの途中なのか、ダイニングルームにはカルボナーラスパゲッティが置いてあった。彼女は浮田に座るように言った。浮田は瞳と向かい合わせで着席している。今日の瞳は胸元が大きく開いたシャツを着ている。彼女の胸元から目を反らすのは難しい。緊張している浮田に、瞳は言った。
「浮田さんって、今大学生なのよね。」
瞳は続ける。
「下着泥棒って、犯罪よね。警察に言ったらどうなるかしら? 浮田さん、退学だけじゃなくて人生もおしまいよ。」
瞳の顔に意地の悪い笑みが浮かぶ。
「浮田さんの将来、どうなるのかな?」
浮田は何も言えない。瞳は救いの言葉を投げかける。
「今回は許してあげてもいいわ。」
瞳は立ち上がると、浮田の側に寄って来た。浮田の肩に暖かい手を置いて、瞳は言葉を続ける。
「もし浮田さんが私の躾を受けるならね。」
許してもらう条件は、瞳の躾を受けることだった。

前← →次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:04 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

躾1

浮田は予想もしない快感を経験していた。美しい人妻の白魚のような指が男根に巻き付いている。その指がミミズのように1匹ずつ違う動きで男根を緩めたり締めたりして、快感を送り込んでいる。一方、お尻の穴にも何匹ものミミズの群れが侵入して内壁を貪っている。お尻の穴のミミズは縦横無尽に這い回り、浮田の性感帯を犯している。さらに、ミールワームの群れが浮田の睾丸を這い回っている。ミールワームが這い回ることで快感が直接睾丸に送り込まれ、快感が増大する。だが浮田の尿道は栓をされており、射精できない状況だ。

→次

1 2 3 4 5
[ 2015/01/02 17:04 ] M男向け小説 | TB(0) | CM(0)

指導2

寸止めの後、アツヤの呼吸が落ち着いてから、
「あなたには、もっと厳しい指導が必要なようね。」
そう言って、香は責めを再会した。今度は右手が睾丸の下に潜り込む。右手は何匹ものミールワームのように蠢き始めた。快感がさらに高い波となって、アツヤを襲う。
「ああっ、あううううう・・・」
アツヤは呻く。香の左手の人差し指と中指が雁首に食い込み、親指が鈴口と裏筋を舐める。親指は円を描くように鈴口を這う。我慢汁は止まらない。睾丸はミールワームの群れに襲われて収縮していく。ミールワームは睾丸に絡み付き、性感を刺激する。
「ほらほら、気持ちよくてまた射精しちゃいそうでしょう? でも、こんなもんじゃないわよ。」
ミールワームの一部は睾丸の下の会陰部へと潜り込み、敏感な蟻の戸渡りを貪る。左指は雁首と亀頭をナメクジのように這い、締め上げる。我慢汁は一層放出される。
射精の波が再び訪れた。アツヤが二度目のオーガズムを迎える直前、指はまたしてもペニスから離れた。快感をお預けにされ、アツヤはさらに大きな苦痛を覚える。
「あなたは本当に我慢というものができないのね。もっと焦らしていじめてやるわ。」
香は底意地の悪い笑みを浮かべた。

香の寸止めは続いた。寸止めの度にアツヤは苦悶の表情を浮かべた。そんなアツヤの苦しみは香を心の底から喜ばせた。

そして香の指導が始まってから55分後、
「イカせて・・・先生、お願いだから・・・イカせてください・・・」
苦しみから逃れたい一心で、アツヤは何度も香に射精を懇願していた。香は今や小指で亀頭を掻くだけでアツヤを射精寸前まで追い込んでいた。
「いいの? イっちゃっていいの? 2週間の特別実習を受けることになってもいいの?」
香はアツヤの目を覗き込みながら続ける。
「特別実習は、大変よ。」
アツヤは理性的に考える力をなくしていた。アツヤは必死で首を縦に振り、射精を懇願した。
「・・・わかりました。では、イカせてあげます。」
香の両手指はミミズのように亀頭、雁首、肉棒、睾丸に絡み付いた。ミミズは一匹一匹が異なる動きでアツヤのペニスに快感を送り込む。
「あ・・・あ・・・あ・・・いく・・・いく・・・いくぅぅぅぅぅ・・・・」
アツヤの精液は尿道を通り、鈴口から大量に噴き出した。50分以上も焦らされ続けた男根から放たれた精液はアツヤの下半身だけではなく、香の巨乳や美しい顔、艶やかな髪にも降り掛かった。
アツヤは意識が朦朧とした状態で、肩で息をしていた。
「58分。残念ね、イシダくん。特別実習決定よ。」
そう言って香はティッシュを取り出し、自分の身体に付着した精子を拭う。
「イシダくんのおちんちんは、私が口でお掃除してあげる。」
香は立ち上がり、机に向かった。アツヤの元に戻ってきたとき、香は口の中で何かを噛んでいた。香はアツヤのペニスを握ると、亀頭をそっと口に含んだ。口内では香の下がナメクジのように鈴口、結び目、雁首を這い回る。アツヤは異変に気がついた。
香の口の中に、ナメクジが2匹いる。
しかし2匹のナメクジが送り込む快楽の波に呑まれ、アツヤは香の口に身を任せた。ナメクジが亀頭の先端を集中的に啜ると、鈴口が開く。香の口は歯で亀頭を上下に噛んで鈴口を開くと、尿道内に残った精液を吸い出した。
その直後、ナメクジのうち1匹が鈴口から入り込んだ。尿道に異物が侵入する恐怖に、アツヤは我に返る。するとナメクジは尿道の入り口で留まり、そのまま亀頭全体に広がった。何が起こっているかわからず、アツヤは目を泳がせる。
香は雁首に引っかかっていた包皮に指の輪を添える。そして口を亀頭から離すと同時に包皮を亀頭に被せた。
「イシダくんにお土産をあげるわ。おちんちんの穴をよく見て。」
アツヤは言われた通りに包皮口を覗き込む。そこには緑色の物体が潜んでいた。
「先生のハミガキガムよ。私の口に残った食べ滓と粘着質なガムがキミの亀頭を気持ちよくしてくれるわ。先生に感謝しなさい。」
包皮内に異物を詰められたのは初めてだ。未知の異物感に、アツヤは呻く。
「下着とズボンを履いて下校しなさい。時間がかかると思うけど、がんばってお風呂でガムと格闘するのね。」
明日からの特別実習に怯えながら、アツヤは下校した。

前←

1 2
[ 2015/01/01 17:36 ] M男向け小説 指導 | TB(0) | CM(0)

指導1

「イシダくん、今何してるのかしら?」
 中学生のイシダ アツヤは香先生に呼ばれて我に返った。数学の授業中、アツヤは先生の話を全く聞いていなかった。その代わり、アツヤは香先生の整った顔立ちとブラウスを盛り上げている豊かな乳房を眺めていた。香先生は学校中で評判の美人教師だ。優秀であることに加え、美人でスタイルも良く、性格も優しい。そんな香先生は学校中から人気を集めている。
 美人で頭も性格も良い先生が今、目の前で自分を見下ろしている。先生だけではなく、クラスメートの視線も自分に注がれている。自分は授業というクラスの規律を乱した。そのことに対する後ろめたさを覚えているアツヤに香は言った。
「放課後、私の部屋に来なさい。」

 放課後に、アツヤは香先生の授業準備室に行った。ここは数学教師専用の部屋だ。アツヤの学校の数学の先生は4人。その中でこの準備室を使うのは香先生だけだ。しかもこの部屋は他のクラスから離れた位置にあり、他人がこの準備室の近くを通るのも稀だ。そんな静かな部屋に、アツヤは香先生と2人きりになった。
「イシダくん、授業中に机の上に伏せてたのはどうして?」
 香先生の瞳がアツヤの顔を覗き込む。いつも優しい微笑みを振りまく香先生からは想像できないような鋭い眼差しに、アツヤはうろたえた。アツヤは堪らずに答える。
「あの・・・その・・・」
香先生はアツヤの言葉を繰り返す。
「『あの・・・その・・・』じゃ、何が言いたいかわからないよ。キミは何してたのかな?」
香先生はアツヤをさらに追求する。香はアツヤが何をしていたか知っているが、あえて自白させようとしているようだ。
「・・・ごめんなさい。居眠りをしていました。」
アツヤは自白した。香は尋問を繰り返す。
「イシダくん、勉強する気はあるの?」
「・・・あります。」
「イシダくんの前回の定期テストの成績を調べたわ。数学の点数、5点よ。」
アツヤは答えに窮した。イシダ アツヤは数学が苦手だ。特に前回のテストの成績は悪かった。
「イシダくん、前回の数学の点数は学年で最低よ。」
アツヤは一層項垂れる。
「成績を上げる意思はあるのかしら?」
アツヤは伏し目がちに答えた。
「・・・あります・・・」
「じゃあ、何で授業中に居眠りしてたの?」
アツヤは答えられない。長い沈黙の後、香先生は答えた。
「イシダくんには、特別授業が必要ね。」
そう言うと、香先生はアツヤの後ろに回り、椅子を持って来た。香先生はアツヤの耳元で囁く。
「イシダくん、着席しなさい。」
香先生はアツヤに命令する。アツヤは命令通りに着席すると、香先生はどこから持ってきたのか、手錠をアツヤに嵌めた。それから香先生は手際よくアツヤの両足も手錠で椅子に固定した。
「これで準備はOKね。」
香は言った。何が起こっているのか理解できず、アツヤの頭の中は混乱している。
「これから、特別授業を開始します。」
香先生はそう言うと、アツヤの前に跪いた。すると香先生はアツヤのズボンのベルトを外し、ズボンも下着も両方脱がせた。
「何するんですか! どうしてこんなことするんですか! 止めてください!」
拘束下にありながら、アツヤは精一杯の抵抗をした。香先生は言った。
「これは教育的指導よ。イシダくんに反抗する権利はありません。それに、」
香先生は続ける。
「イシダくん、キミは数学の授業中に私の胸ばかり見てたでしょ? そんなふうに嫌らしいことばかり考えてるから、点数が悪くなるんじゃないの?」
香先生はアツヤを嘲笑する。香先生は恐怖の色を浮かべているアツヤの瞳を楽しむと、
「今から指導内容を説明します。」
香は微笑んでから続ける。
「私が指でイシダくんの汚いペニスを弄ります。キミのペニスを弄んで、性欲を高めます。」
香は指をアツヤのペニスに絡める。優しく握られたペニスは快感に包まれる。
「イシダくんはどんなにペニスが気持ちよくても、射精してはいけません。射精の意味はわかるわよね?」
香は優しく微笑む。怯えながら、アツヤは頷く。
「イシダくんが射精を我慢しなきゃ行けないのは、私が指導を始めてから1時間よ。」
香はペニスを強く握る。初めて女性にペニスを握られ、快感が全身を駆け巡る。
「1時間以内に射精した場合、キミには2週間特別実習を受けてもらいます。」
特別実習? アツヤはこれから起こることが全く想像できないまま、香の話を聞いていた。
「これはイシダくんの成績を上げるために必要な措置なの。わかるわね?」
香はペニスを握る手を緩めたり、締めたりしながら聞いてきた。快感が波のようにアツヤの身体に送り込まれる。
「返事は?」
「・・・わかりました。」
香は意地悪な微笑みを浮かべると、
「それでは指導を開始します。無駄だと思うけど、せいぜいがんばりなさい。」
そう言うと、香は包皮をゆっくりと下ろして亀頭を露出させた。
「あうっ。」
まだ中学生のアツヤの亀頭は未熟だ。外気に触れただけで声を出してしまうほど敏感なのだ。
「ふふっ、いい声出すじゃない♪」
香は右手の人差し指で鈴口に触れると、割れ目に沿って指を動かし始めた。香の左手の親指と人差し指がリングのように雁首を締める。左手の指の輪が回転を始めた。
「ほらほら、亀頭を女性の手で弄くられるのはどお? 自分じゃまだできないんでしょう?」
アツヤの悶える表情を、香は楽しんでいる。左手の指の輪は回転しながら雁首を締めたり緩めたりし始めた。右手の人差し指は、まるでヒルのように鈴口を中心として亀頭先端部を啜り始めた。すると、鈴口は涙を流すように我慢汁を溢れさせた。香は右手の人差し指で我慢汁を絡めとり、アツヤの目の前に持っていく。
「イシダくん、これは何だかわかるかしら。」
アツヤは答えられず、首を横に振る。
「イシダくんって、本当に頭が悪いのね。これは我慢汁って言うのよ。男なのに、そんなことも知らないの?」
香は嘲笑しながら、アツヤを言葉で苛む。
「始まってからまだ10分も経ってないのよ。本当に射精を我慢できるのかしら?」
香の人差し指はペニスに戻ると、裏筋を結び目からゆっくりと睾丸まで這わせた。我慢汁で濡れた人差し指は、ナメクジのようにゆっくりと裏筋を下りていく。睾丸まで辿り着くと、人差し指は再び裏筋を上っていく。
ゆっくりと、ゆっくりと。
雁首を刺激し続けられたペニスは止めどなく我慢汁を溢れさせ、亀頭を濡らす。右手の人差し指は亀頭に戻ると、ヒルのように再び我慢汁を啜りだした。亀頭の我慢汁を満腹になるまで啜ったヒルは、結び目を通り、裏筋を這っていく。裏筋は、ナメクジが通った跡のように粘液で濡れている。
「ううっ」
ナメクジが再び亀頭に向かって進もうとしたとき、アツヤに変化が訪れた。アツヤが射精しそうになったのだ。アツヤは我慢できず、吐精しそうになった。アツヤの射精を感知した香は、指をペニスから離した。
「あうっ」
男根から噴き出しそうになった精液は逆流し、睾丸内に戻る。射精を止められた苦しみに、アツヤは呻く。そんな苦悶の表情を浮かべるアツヤを愉しみながら、香は言った。
「イシダくん、あなた今射精しようとしたでしょ。この指導では射精してはいけないことになってるの。そのことを理解してるのかしら?」
アツヤは力なく項垂れ、
「・・・はい・・・」
とだけ答えた。

→次

1 2
[ 2015/01/01 17:35 ] M男向け小説 指導 | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !