FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

這い回る指3

あゆみは言葉と指技で良典を責める。
「あなたの睾丸は雑巾のように汚いわ。触ってあげてるだけでも感謝なさい。」と蔑みながら、
指はクモのように睾丸をくすぐる。
「ペニスが我慢汁をお漏らししてるわ。だらしないのね。子供みたいにみっともないわ。」とばかにしながら、
指はケムシのように裏筋を這い上る。
「ここからでも、あなたの顔が見えるのよ。涙と涎、鼻水で酷い顔になってるわ。」と罵りながら、
指はミミズのように雁首を絞める。
「あなたみたいな人にいつもジロジロ見られるなんて、ホントに不快だわ。」と軽蔑しながら、
指はヒルのように亀頭を舐める。
「あなたって気持ち悪いから、女性はみんな近寄らないと思うわ。」と罵りながら、
指はミールワームのように尿道をほじくる。
あゆみは楽しそうに、後ろから良典のペニスを弄ぶ。彼が焦らされて悶える姿を、彼女は満足げに見ている。
「またテーブルに仰向けになって。」
よたよたと、彼はテーブルの上に寝そべる。彼女は指をペニスにゆっくりと絡めると、そっと丁寧に扱く。長い間彼女の指に焦らされたことで、彼の頭は朦朧としている。ペニスからは止めどなく我慢汁が溢れており、彼女の清らかな指に絡み付いていく。彼女は彼が悶え苦しむところを見ながら、意地悪く微笑む。
「イキたいでしょう? イキたくて、イキたくて、もう我慢できないんでしょう? 」
彼女は言葉を続ける。
「もう射精することしか、考えられないんでしょう? イカせてあげてもいいわ。だけど、条件があるの。」
彼女は彼に射精の条件を告げる。彼は躊躇したものの、彼女に従うことに決めた。
「私の言うことを聞くのね。わかったわ、約束通り射精させてあげるわ。」
彼女は指の動きを速める。だんだんと速くなる動きに合わせて、彼の喘ぎ声大きくなる。
「早く汚い精液出しな! 一滴残らず出さないと許さないよ!」
「ああっ、イクぅぅぅぅぅぅぅ!!!! 」
良典は雄叫びをあげると、大量の精液を彼女の手の中に放出した。彼は何度も何度も白濁液を出し続ける。精液を出すたびに、彼の意識は遠ざかり、やがて目の前が真っ暗になった。
良典は目を覚ますと、あゆみは目の前で天使のような微笑みを浮かべていた。
「約束通り、イカせてあげたわよ。ちゃんと、私の言うこときいてくれるわよね。」
彼女の出した条件とは、次のような内容だった。
「射精させる代わりに、良典があゆみの奴隷になる。」
彼女はさらに続けた。
「私の奴隷になった男たちは、みんな一年以内に自殺してるか、精神病院に入ってるわ。あなたも同じ運命を辿るのよ。」
良典は放心したように彼女の美しい顔を見つめていた。


『這い回る指3』の言葉責め画像版はこちら
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !