FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私の奴隷1

 私が今の奴隷を手に入れたのは、中学1年生のときでした。彼は内海正次と言いました。当時の内海くんは友達ともあまり話さないような物静かな男の子でした。周りの話では小学校の頃は勉強もあまりできず、運動もどちらかというと苦手な方でした。そんな内海くんは、いじめの対象にすらならないほど目立たない子でした。当然女子たちの間でも話題に上ることは稀で、彼に好意を寄せる女の子もいませんでした。
 あの事件が起こったのは、確か6月だったと思います。私たち1年生は中学に入って初めての定期テストを終えたばかりの解放感を満喫していました。あの頃は女子更衣室で下着や水着の盗難事件がたびたび起こっていました。
「次はいつ起こるんだろう。」
「誰の服が盗まれるんだろう。」
そんな話題が男女の会話に頻繁にのぼっていました。一部の友達は犯人探しまでしており、先生も朝の会や帰りの会で犯人に名乗り出るように呼びかけていました。
 そんなある日、犯人が見つかりました。犯人は、あの内海くんだったのです。私はその話を、彼と小学校から一緒だった友達から聞きました。私もその友達も、大人しくて静かな彼があんなに大きな事件を起こすとは思ってもいませんでした。彼女から話を聞いたとき、下着泥棒の真犯人を知っているのはごく少数で、先生も知りませんでした。

 内海くんは現行犯で捕まりました。目撃者は、水泳部の二年生の女子でした。彼は次のターゲットとして水泳部の女子更衣室を狙っていました。その日、彼は更衣室で女子の着替えを物色するのに夢中で女子部員に気付かなかったそうです。
「こんなところで何してるの? 」
突然声をかけられたときの彼の驚きは、想像に難くありません。目撃者の先輩は、その場で彼が連続下着泥棒の犯人だとわかりました。彼女は彼の犯行現場をおさえたこと、彼が後輩だったことでその場の主導権を握りました。すると、彼女は彼に訊きました。
「キミ、もしかして下着を盗もうとしてたの? 」
彼は驚きのあまり、まだ口がきけずにいました。
「キミでしょ、女子の下着とか水着を盗んでたのって? わかってるよね。キミがやってきたことは、犯罪だよ。」
彼は一瞬の沈黙の後、
「ごめんなさい・・・ 」
声を絞りながら謝りました。すると、先輩は
「服を脱いで、パンツだけになってちょうだい。それから、そこの乾燥機の上に座って。」
先輩は意地悪く微笑むと、
「逆らったら、わかってるよね。キミの友達、先生、親、警察みんなにバラすよ。」
内海くんは言われた通りに洗濯機の上に腰掛けました。彼女は先輩の前に近づくと、
「何脚閉じてるの? ほら、ちゃんと脚開いてよ。」
彼は女子の前で下着一枚になったことの恥ずかしさのあまり、股を閉じていました。ですが先輩に秘密を握られて逆らえずにいる彼は、大人しく脚を開きました。彼女は股の前まで近づくと、そっと人差し指だけで股の間のペニスに触れました。女子の人差し指が柔らかいペニスにめり込む感触を、彼は初めて体験したのです。彼女が人差し指でペニスを突くたびに、彼のペニスは快感を覚え、だんだんと硬さと大きさを増していきます。
「これ、どうしたの? キミのおちんちん、何か膨らんできてるよ。しかも、ちょっと硬いよ。」
彼女は言葉で股間の強張りを説明し、羞恥心を煽ります。内海くんは、犯罪が露見した恐怖と女子にほぼ全裸の姿を見られている恥ずかしさで頭がいっぱいでした。彼女はそんな彼の姿を見て、もっと彼を弄びたくなりました。

→次

1 2 3 4

『私の奴隷1』の言葉責め画像版はこちら
スポンサーサイト
[PR]

[ 2016/06/30 01:27 ] M男向け小説 私の奴隷 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。