FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

監禁されるまで2

「患者様、もうイキそうだったんですか? まだまだ我慢してくださいね。もっと気持ちよくして差し上げますよ。」
彼女はそう言うと、上着を脱いで下着姿になる。目の前に豊満な肉体が現れる。彼の目はどうしても豊かな胸へと移ってしまう。彼女はそんな彼の羞恥心を感じると、
「喜んでいただけて何よりです。それではまた、患者様のペニスを咥えさせてもらいますね。」
彼女はペニスの先端部をそっと口に含む。待ちわびた彼女の口蓋の感触に、ペニスは歓喜の汁を分泌させる。彼女の舌は口の中で彼の鈴口に触れると、汁を舐めとる。舌先は鈴口を縦の筋に沿って往復する。鈴口を重点的に刺激され、我慢汁がさらに溢れ出す。舌は我慢汁を絡めとると、雁首の方に進んでいく。唾液と我慢汁で雁首を濡らすと、舌はすき間に潜り込んでナメクジのように這い回る。すると雁首は大きく膨らみ、快感は増大していく。我慢汁は再び溢れ出し、舌はペニスの先端へと戻っていく。彼女の舌は尿道をほじくり、我慢汁をさらに求める。溢れた我慢汁は彼女の舌によって絡めとられる。
 看護師の舌は宗介のペニスを這い回って快感を増大させる。しかし射精直前で口を離し、刺激を止めることを繰り返す。

 何度目かの寸止めを経ると、彼の意識はほとんどなくなっていた。そんな状態でも、彼は何度も彼女に「イカせてほしい」と懇願していた。彼女は彼が懇願するたび、意地の悪い笑みを浮かべては口をペニスから離して寸止めを続けていた。
 彼女は再び口を離すと、彼に訊いてきた。
「もう我慢できませんか? 射精できないと、おかしくなっちゃいそうですか? 」
彼は彼女からの質問に応じようと、頭をガクガクと縦に振った。彼女はそんな彼の反応がおもしろかったようで、残酷な笑みを浮かべると、
「それじゃあ、患者様のことイカせてあげます。」
と言い、ペニスを口に含んだ。彼女の舌は最初に雁首へと向かい、敏感な部分に絡み付く。すると鈴口がパクパクと開閉を繰り返す。すると舌は亀頭を這って鈴口に来る。舌は横向きから縦向きに変わり、縦に開いた鈴口を上下に動いて刺激する。彼は感じやすい鈴口と尿道を刺激され、射精間はすぐに訪れた。彼の身体は射精の体勢に移る。精液は尿道を駆け上る。
「ああっ、イクぅぅぅぅぅぅ!!!!!! 」
彼は大量の精液を彼女の口の中に放出した。彼は精液を出し終えると目の前が真っ暗になり、そのまま意識を失った。

前← →次

1 2 3 4

『監禁されるまで2』の言葉責め画像版はこちら

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。