FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

監禁されるまで4

 看護師のキレイな指が優しく愛撫することで、ペニスはパンツを破らんばかりに勃起する。彼女は彼の興奮した様子を見ると、
「患者様のペニス、パンツの中で苦しそうですね。外に出してあげましょうか? 」
彼女がそう訊くと、彼はガクガクと首を縦に振って応える。彼女はそんな彼を嘲笑すると、パンツに指をかけて引き下ろす。彼の熱り立ったペニスが露になる。
「我慢汁がこんなにたくさん溢れてますわ。」
彼女は人差し指でペニスの先にそっと触れ、我慢汁を絡めとる。その人差し指を離し、彼の目の前で指で我慢汁を弄ぶ。
「患者様のペニスって、本当に汚いですね。こんなものぶら下げて毎日生活してて、生きてて恥ずかしくないんですか? 」
彼女の指は再び彼のペニスに絡み付く。指たちは一匹一匹が別々に蠢き始める。指たちは亀頭、裏筋、雁首、睾丸、蟻の門渡り、肛門を万遍なく這い回り、彼の敏感な部分を嬲り尽くす。彼は彼女の指遣いに翻弄され、喘ぎ声をあげる。彼女は彼の悶える姿を見て愉しそうに笑う。
「患者様のこと、私のテクニックと言葉責めでおかしくなるくらい辱めてあげますわ。」
看護師の指の柔らかい感触といやらしい言葉責めに、彼は悶え続ける。
口が「患者様みたいに他人の性交を覗く変態を愛する女性はいません。」と言いながら、
指はヘビのように肛門を舐める。
口が「患者様は顔が醜いから、みんな患者様に消えてほしがっています。」と言いながら、
指はクモのように蟻の門渡りをくすぐる。
口が「患者様は身体が臭いから、私たちは患者様を粗大ゴミだと思っています。」と言いながら、
指はイソギンチャクのように睾丸を転がす。
口は「患者様は頭が悪いから、社会のお荷物です。生きててもムダなんですよ。」と言いながら、
指はイモムシのように裏筋を這い上る。
彼のペニスからは我慢汁が止めどなく溢れ出る。
 看護師は舌なめずりしながら、宗介を苦しめることを愉しんでいる。彼女は彼が悶え苦しむ姿を見るのが本当に好きなようだ。彼の喘ぎ声が大きくなると、彼女は微笑み、笑い声を漏らす。
「まだまだ止めませんよ。患者様のこと、もっと気持ちよくしてあげます。」
口は「患者様は人間として価値が低いから、患者様を助けるだけ時間のムダです。」と言いながら、
指はミミズのように雁首を絞め上げる。
口は「患者様は能力が低いから、患者様のために支払う医療費はムダです。」と言いながら、
指はナメクジのように亀頭を這い回る。
口は「患者様がいなければ、他の社会的に重要な人を助けられるんですよ。」と言いながら、
指はヒルのように鈴口をすする。
口は「患者様は生きてても幸せになれないから、早く死んだ方がいいですよ。」と言いながら、
指はゴカイのように尿道に侵入する。
 彼がイキそうになっても、彼女は愛撫を止めて寸止めを繰り返す。彼女は彼に様々な体勢をとらせ、焦らして弄び続ける。

 数十分後、宗介は絶頂を迎えた。看護師に手コキとフェラチオ、そして言葉責めで性感を極限まで高められた彼は大量の精液を彼女の手に噴出させた。彼は全身を振るわせて射精し、前回のプレイのときと同様に意識が朦朧としていき、失神してしまった。そんな彼の惨めな姿を見ながら、彼女は指についた精液を弄び、柔らかい舌でペロリと舐めて味わう。彼女は彼に対する愉悦に浸りながら、精液の味と感触を愉しむ。
「次はこいつのこと、どんなふうにいじめてやろうかしら。愉しみだわ♪ 」
彼女はそう言うと、物置の鍵を開けたまま彼を一人その場に残して立ち去った。
気がつくと、彼は再びベッドの上にいた。彼は物置の前でうずくまっているところを発見され、病室に戻された。退院の日、検査を受けたが異常は見つからなかった。彼は予定通りに退院することができた。しかしあの入院期間以来、彼は自慰行為で満足することができなくなった。彼女のテクニックを味わったことで、彼の身体はそれを激しく求めるようになった。


「ほらほら、もっと喘いでいいのよ。私の指が気持ちいいんでしょう? もうイカせてほしいんでしょう? ちゃんとお願いしないと、この前みたいに寸止め焦らしでいじめちゃうわよ。」
宗介は今、あの看護師の奴隷として彼女の家で暮らしている。彼女は金持ちの医師と結婚して豪邸に住んでいる。一方、宗介はその豪邸の地下牢に監禁されている。彼は毎日残飯を食べて暮らし、彼女が奴隷で遊びたくなったら玩具として奉仕している。

 数年前、彼は退院してから一週間後にあの病院に行って彼女に懇願した。彼女は彼に自宅の住所を教えた。彼女は悪魔のような笑みを浮かべると、
「患者様の人生、私のテクニックで壊してあげますね。」
最初、彼は彼女の家に通っていた。やがて住み込みの奴隷となり、現在のような形で監禁されるに至った。

前←

1 2 3 4

『監禁されるまで4』の言葉責め画像版はこちら

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。