FC2ブログ

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

M男向けのブログです。S女性に拷問されたい方は、どうぞこのブログをお楽しみください。 This blog is for male masochist. If you want those sadistins to torture yourselves, please help yourself to this blog.

指導1

「イシダくん、今何してるのかしら?」
 中学生のイシダ アツヤは香先生に呼ばれて我に返った。数学の授業中、アツヤは先生の話を全く聞いていなかった。その代わり、アツヤは香先生の整った顔立ちとブラウスを盛り上げている豊かな乳房を眺めていた。香先生は学校中で評判の美人教師だ。優秀であることに加え、美人でスタイルも良く、性格も優しい。そんな香先生は学校中から人気を集めている。
 美人で頭も性格も良い先生が今、目の前で自分を見下ろしている。先生だけではなく、クラスメートの視線も自分に注がれている。自分は授業というクラスの規律を乱した。そのことに対する後ろめたさを覚えているアツヤに香は言った。
「放課後、私の部屋に来なさい。」

 放課後に、アツヤは香先生の授業準備室に行った。ここは数学教師専用の部屋だ。アツヤの学校の数学の先生は4人。その中でこの準備室を使うのは香先生だけだ。しかもこの部屋は他のクラスから離れた位置にあり、他人がこの準備室の近くを通るのも稀だ。そんな静かな部屋に、アツヤは香先生と2人きりになった。
「イシダくん、授業中に机の上に伏せてたのはどうして?」
 香先生の瞳がアツヤの顔を覗き込む。いつも優しい微笑みを振りまく香先生からは想像できないような鋭い眼差しに、アツヤはうろたえた。アツヤは堪らずに答える。
「あの・・・その・・・」
香先生はアツヤの言葉を繰り返す。
「『あの・・・その・・・』じゃ、何が言いたいかわからないよ。キミは何してたのかな?」
香先生はアツヤをさらに追求する。香はアツヤが何をしていたか知っているが、あえて自白させようとしているようだ。
「・・・ごめんなさい。居眠りをしていました。」
アツヤは自白した。香は尋問を繰り返す。
「イシダくん、勉強する気はあるの?」
「・・・あります。」
「イシダくんの前回の定期テストの成績を調べたわ。数学の点数、5点よ。」
アツヤは答えに窮した。イシダ アツヤは数学が苦手だ。特に前回のテストの成績は悪かった。
「イシダくん、前回の数学の点数は学年で最低よ。」
アツヤは一層項垂れる。
「成績を上げる意思はあるのかしら?」
アツヤは伏し目がちに答えた。
「・・・あります・・・」
「じゃあ、何で授業中に居眠りしてたの?」
アツヤは答えられない。長い沈黙の後、香先生は答えた。
「イシダくんには、特別授業が必要ね。」
そう言うと、香先生はアツヤの後ろに回り、椅子を持って来た。香先生はアツヤの耳元で囁く。
「イシダくん、着席しなさい。」
香先生はアツヤに命令する。アツヤは命令通りに着席すると、香先生はどこから持ってきたのか、手錠をアツヤに嵌めた。それから香先生は手際よくアツヤの両足も手錠で椅子に固定した。
「これで準備はOKね。」
香は言った。何が起こっているのか理解できず、アツヤの頭の中は混乱している。
「これから、特別授業を開始します。」
香先生はそう言うと、アツヤの前に跪いた。すると香先生はアツヤのズボンのベルトを外し、ズボンも下着も両方脱がせた。
「何するんですか! どうしてこんなことするんですか! 止めてください!」
拘束下にありながら、アツヤは精一杯の抵抗をした。香先生は言った。
「これは教育的指導よ。イシダくんに反抗する権利はありません。それに、」
香先生は続ける。
「イシダくん、キミは数学の授業中に私の胸ばかり見てたでしょ? そんなふうに嫌らしいことばかり考えてるから、点数が悪くなるんじゃないの?」
香先生はアツヤを嘲笑する。香先生は恐怖の色を浮かべているアツヤの瞳を楽しむと、
「今から指導内容を説明します。」
香は微笑んでから続ける。
「私が指でイシダくんの汚いペニスを弄ります。キミのペニスを弄んで、性欲を高めます。」
香は指をアツヤのペニスに絡める。優しく握られたペニスは快感に包まれる。
「イシダくんはどんなにペニスが気持ちよくても、射精してはいけません。射精の意味はわかるわよね?」
香は優しく微笑む。怯えながら、アツヤは頷く。
「イシダくんが射精を我慢しなきゃ行けないのは、私が指導を始めてから1時間よ。」
香はペニスを強く握る。初めて女性にペニスを握られ、快感が全身を駆け巡る。
「1時間以内に射精した場合、キミには2週間特別実習を受けてもらいます。」
特別実習? アツヤはこれから起こることが全く想像できないまま、香の話を聞いていた。
「これはイシダくんの成績を上げるために必要な措置なの。わかるわね?」
香はペニスを握る手を緩めたり、締めたりしながら聞いてきた。快感が波のようにアツヤの身体に送り込まれる。
「返事は?」
「・・・わかりました。」
香は意地悪な微笑みを浮かべると、
「それでは指導を開始します。無駄だと思うけど、せいぜいがんばりなさい。」
そう言うと、香は包皮をゆっくりと下ろして亀頭を露出させた。
「あうっ。」
まだ中学生のアツヤの亀頭は未熟だ。外気に触れただけで声を出してしまうほど敏感なのだ。
「ふふっ、いい声出すじゃない♪」
香は右手の人差し指で鈴口に触れると、割れ目に沿って指を動かし始めた。香の左手の親指と人差し指がリングのように雁首を締める。左手の指の輪が回転を始めた。
「ほらほら、亀頭を女性の手で弄くられるのはどお? 自分じゃまだできないんでしょう?」
アツヤの悶える表情を、香は楽しんでいる。左手の指の輪は回転しながら雁首を締めたり緩めたりし始めた。右手の人差し指は、まるでヒルのように鈴口を中心として亀頭先端部を啜り始めた。すると、鈴口は涙を流すように我慢汁を溢れさせた。香は右手の人差し指で我慢汁を絡めとり、アツヤの目の前に持っていく。
「イシダくん、これは何だかわかるかしら。」
アツヤは答えられず、首を横に振る。
「イシダくんって、本当に頭が悪いのね。これは我慢汁って言うのよ。男なのに、そんなことも知らないの?」
香は嘲笑しながら、アツヤを言葉で苛む。
「始まってからまだ10分も経ってないのよ。本当に射精を我慢できるのかしら?」
香の人差し指はペニスに戻ると、裏筋を結び目からゆっくりと睾丸まで這わせた。我慢汁で濡れた人差し指は、ナメクジのようにゆっくりと裏筋を下りていく。睾丸まで辿り着くと、人差し指は再び裏筋を上っていく。
ゆっくりと、ゆっくりと。
雁首を刺激し続けられたペニスは止めどなく我慢汁を溢れさせ、亀頭を濡らす。右手の人差し指は亀頭に戻ると、ヒルのように再び我慢汁を啜りだした。亀頭の我慢汁を満腹になるまで啜ったヒルは、結び目を通り、裏筋を這っていく。裏筋は、ナメクジが通った跡のように粘液で濡れている。
「ううっ」
ナメクジが再び亀頭に向かって進もうとしたとき、アツヤに変化が訪れた。アツヤが射精しそうになったのだ。アツヤは我慢できず、吐精しそうになった。アツヤの射精を感知した香は、指をペニスから離した。
「あうっ」
男根から噴き出しそうになった精液は逆流し、睾丸内に戻る。射精を止められた苦しみに、アツヤは呻く。そんな苦悶の表情を浮かべるアツヤを愉しみながら、香は言った。
「イシダくん、あなた今射精しようとしたでしょ。この指導では射精してはいけないことになってるの。そのことを理解してるのかしら?」
アツヤは力なく項垂れ、
「・・・はい・・・」
とだけ答えた。

→次

1 2
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

カテゴリ
罰 (1)
躾 (5)
サイト運営協力者
プロフィール

MatildaXian

Author:MatildaXian
FC2ブログへようこそ! / Welcome to my blog !